豊かな暮らしのお手伝い…
姫路市にある螢瀬ぅ錣任后
住まいのこと、エネルギーのこと、暮らしのこと
なら何でもご相談ください。

水道管、給湯管の凍結防止の準備はお早めに

水まわりメンテナンス | by ダイワ

水道管、給湯管の凍結防止の準備はお早めに!


01.gif
毎年、冬本番ともなると時折寒波の到来と共に水道管凍結の注意が呼びかけられます。
私たちの会社にも厳しく冷え込んだ翌朝には「水が出ない」「お湯が出ない」といった電話が殺到し、お昼前後になると今度は「水が吹き出ている」といった内容の電話が殺到します。一旦、水道管や給湯管が凍結してしまうと、配管内の氷が融けるのを待つしかありません。
私たち水道業者がお伺いしても結局は凍った箇所の周囲から水をゆっくり注ぎ、次にぬるま湯を注いで、ゆっくり気長に氷を融かすしか手だてがないわけです。
そこで凍結予防する措置をあらかじめ講じておくことをオススメします。


  1. 外部でむき出しになってる配管、または配管保温が破れたりしている箇所があれば保温をし直すか、不要になった布などをあてて外気を遮断して保温し、その上からビニールテープ等を巻いて水の浸透を防いでください。

  2. 外部に設置してある給湯器などに接続されている配管も同様の処置をしてください。
    またバルブや蛇口は開閉をすることが前提ですから保温処置はなされていません。
    金属部にも不要になった布等を充分巻いておいて、外気温の影響を受けないようにして下さい。
    風通しの良いところ、特に北風が吹き抜けるような所には保温処置は充分に施す方がよいでしょう

  3. 家の中のお湯側の蛇口を少しだけ開いて少量の水を出すことも水道管及び給湯器の凍結防止には効果的です。あまり開きすぎると給湯器が着火しお湯がでますので、水が糸を引く程度で結構ですから出しておきましょう。翌日のお風呂や洗濯に使えるようにして無駄なく利用できるよう工夫をしましょう。
    万一、凍結をしてしまった場合、配管内の水が凍ることで膨張し、配管材料を損傷してしまうことがあります。その為に凍っている氷が融けると水が吹き出ることがありますし、給湯配管から吹き出ると給湯器が着火してムダな燃料を使うことになります。そうなったら慌てずに宅地内の水道の元栓を一時閉めて、私ども水道業者にご連絡ください。
    あらかじめご自分の水道止水栓の位置を確かめておくことが転ばぬ先の杖になりますので、充分ご注意の上快適な生活をお送りください。


水道管の冬支度

水まわりメンテナンス | by ダイワ

水道管、給湯管の凍結防止の準備はお早めに!


01.gif
毎年、冬本番ともなると時折寒波の到来と共に水道管凍結の注意が呼びかけられます。
私たちの会社にも厳しく冷え込んだ翌朝には「水が出ない」「お湯が出ない」といった電話が殺到し、お昼前後になると今度は「水が吹き出ている」といった内容の電話が殺到します。一旦、水道管や給湯管が凍結してしまうと、配管内の氷が融けるのを待つしかありません。
私たち水道業者がお伺いしても結局は凍った箇所の周囲から水をゆっくり注ぎ、次にぬるま湯を注いで、ゆっくり気長に氷を融かすしか手だてがないわけです。
そこで凍結予防する措置をあらかじめ講じておくことをオススメします。


  1. 外部でむき出しになってる配管、または配管保温が破れたりしている箇所があれば保温をし直すか、不要になった布などをあてて外気を遮断して保温し、その上からビニールテープ等を巻いて水の浸透を防いでください。

  2. 外部に設置してある給湯器などに接続されている配管も同様の処置をしてください。
    またバルブや蛇口は開閉をすることが前提ですから保温処置はなされていません。
    金属部にも不要になった布等を充分巻いておいて、外気温の影響を受けないようにして下さい。
    風通しの良いところ、特に北風が吹き抜けるような所には保温処置は充分に施す方がよいでしょう

  3. 家の中のお湯側の蛇口を少しだけ開いて少量の水を出すことも水道管及び給湯器の凍結防止には効果的です。あまり開きすぎると給湯器が着火しお湯がでますので、水が糸を引く程度で結構ですから出しておきましょう。翌日のお風呂や洗濯に使えるようにして無駄なく利用できるよう工夫をしましょう。
    万一、凍結をしてしまった場合、配管内の水が凍ることで膨張し、配管材料を損傷してしまうことがあります。その為に凍っている氷が融けると水が吹き出ることがありますし、給湯配管から吹き出ると給湯器が着火してムダな燃料を使うことになります。そうなったら慌てずに宅地内の水道の元栓を一時閉めて、私ども水道業者にご連絡ください。
    あらかじめご自分の水道止水栓の位置を確かめておくことが転ばぬ先の杖になりますので、充分ご注意の上快適な生活をお送りください。


-

屋外給排水のメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
あまり目につかないので、改めて時間を作らないとついつい点検・確認がおろそかになってしまいがちな屋外給排水まわり。植栽の落葉などのゴミが溜まりやすい箇所ですから、定期的なメンテナンスは必要ですね!

量水器による屋内水漏れ確認について

  • 量水器箱内量水器のフタを開き、中心部あたりの星状の物(水道使用時回転)が止まっているか確認を定期的(1ヶ月に1回程度)に行って下さい。
    *全ての水栓を止めてから確認して下さい。
    *マンション等はパイプシャフト内に有ります。

01.gif

排水枡内確認について

  • 屋内よりの異物が、屋外枡又は配管に付着し水の流れが悪くなる場合が有りますので定期的(3ヶ月に1回程度)に確認して下さい。  
  • 台所よりの排水で油系が出、屋外枡又は配管内にラード状で沈滞する場合が起こり、水の流れが悪くなる事が有りますので、定期的に点検(3ヶ月に1回程度)、掃除(3ヶ月に1回程度)を行って下さい。

02.gif

-

ガス給湯器のメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
蛇口をひねれば、すぐにお湯がでる・・・便利な給湯器ですが、取扱いを間違えると、故障の原因になる可能性も有ります。正しいメンテナンスの方法をチェックしましょう。

給湯器接続部よりの水漏れ確認について

  • 給湯による伸縮又は、レバー水栓等による衝撃にて接続部が緩む場合がありますので、定期的(半年に1回程度)に確認して下さい。

  • リモコン操作のある場合、雷等が発生した時に誤作動を起こし、リモコンにエラーの表示が出る事が有ります。その時は給湯器の電源を一度落として再度電源を入れ直し、リモコン入力をして下さい。

    • 01.gif

-

電気温水器のメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
電源さえ入れておけば知らぬ間にお湯が沸く、便利なのですが欠点も有ります。

1)まず缶体が大きい事。
2)深夜電力のみ使用の時は、多量のお湯を使うとお湯が不足する。
3)貯湯式の為、水圧と加熱の関係で膨張する為、減圧弁と安全弁がついており安全弁からお湯が出る。またお湯が濁る時がある。

電気温水器廻りの注意事項

  • 安全弁の点検を定期的(3ケ月に1回)に行って下さい。安全弁、減圧弁が故障すると水が出っぱなしになり、漏水と同じ現象になります。


点検方法

  • 1)安全レバーを開いてお湯の出る所から、お湯が出ているか確認して下さい。出ていればOKです。元に戻して下さい。
    2)電源をOFFにして30分位たってからお湯の出る所から出ていないか確認して下さい。止まっていればOKです。止まっていれば電源をONにして使用しない時は元栓を閉めておき工事店に連絡して下さい。

01.gif

-

浴室のメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
水と湯を多量に使うので湿気が溜まりやすく、段々と傷んでいくケースの多い浴室。転倒や火傷など、事故の危険性が高いとされる箇所ですから、心地よく安全なバスタイムの為にも、毎日の点検・メンテナンスは欠かせません!

水栓よりの水漏れ確認について

  • ユニットバス方式の場合、水栓の接続用点検ロが有り、シングルレバー式水栓を使用している場合、一気に湯水を遮断するので接続口が緩み、水漏が生じる場合があります。定期的(3ケ月に1回)に点検して下さい。接続口がぬれていたら袋ナットを締めて下さい。2バルブ式水栓を使用している場合はバルブを開けるとバルブの根元から水が漏れている時がよく有ります。図の様にハンドルの上部を外して、中のビスをとりハンドルを引き上げると袋ナットがみえます。袋ナットを右に廻すと水漏れが止まります。余り締めすぎるとハンドルが、かたくなるので、注意して下さい。


排水金物廻りの掃除について

  • 排水金物に糸屑等が付着し、これが原因であふれる場合が有りますので定期的(5日に1回)に金物廻りの掃除を行って下さい。又共栓の根元が緩んでいると満水時に水が漏れる事が有ります。

01.gif

-

洗面・洗濯場のメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
洗面器水栓の出水調整について

  • 皆さん水のムダ使いをしていませんか?水を多く使用すると、水道料金は、もちろんの事、水の使用料に比例して下水料金が高くなると言う事は周知の通りです。出水調整は水圧の強いAM6時頃と水圧の弱いAM8時頃の中間AM7時頃に調整するのが最適と思います。洗面器下、又は洗面ユニット内にアングル止水栓(湯・水共) のハンドルにて水栓水量の調整が可能です。限り有る資源を大切にして下さい。

01.gif

洗面ユニット内の水漏れ確認について

  • 洗面ユニット内配管又は止水栓廻り袋ナット、排水管袋ナットよりの水漏れが水の衝撃などで起こる場合が有りますので定期的(3ケ月に1回) に確認して下さい。水漏れの場合は袋ナットの増締めで止まる場合が有ります。

02.gif

排水が流れにくい時、臭いがする時

  • 排水トラップを取り外し掃除をして下さい。取り外す際、排水管の真下に溜まっている水を受ける容器を置いて下さい。尚、組み立てる時はパッキンが捩れない様に気をつけて締め付けて下さい。


水栓よりの水漏れ確認について

  • 水栓吐水口袋ナット並びにハンドル下部の袋ナットの緩みにより生じる場合が有ります。この場合、工具にて締め付ける事により直ります。自動洗濯機給水ホース接続の時は洗潅機取付説明書に従い、確実に取付けて下さい。排水ジャバラ管は排水金物に十分差し込んで下さい。又排水金物附属差込口が有る場合は、取付金物にて確実に接続し、定期的(3ケ月に1回) に水漏れ確認をして下さい。

03.gif

排水金物廻りの掃除について

  • 排水金物に糸くず等が付着し、是が原因であふれる場合がありますので、定期的(3ケ月に1回)に金物廻りの掃除を行ってください。

04.gif

-

トイレのメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
トイレの便器の洗い流し水が止まらないとき

  • タンク用止水栓を止め、タンク蓋を取り外し、タンク内水位線を確認します。水位線より多くタンク内部オーバーフロー管より流れているときは、ボールタップパッキン不良により取替え作業が必要。又、水位線より低いときは、タンク内フロートゴムの不良により取替が必要です。尚、フロートゴム定着位置のズレによる場合もありますので注意してください。

  • タンク内の水を流すとき使用するレバーが定位置に戻っていない、という場合タンク内部にてクサリのからみ、又はレバーの作動不良によると考えられます。この場合はクサリのからみを取りレバーを数回作動させ定位置へ戻すことにより直る場合があります。

01.gif

トイレの便器まわりの床が濡れているとき

  • 結露によって便器に付いた水滴が原因で床が濡れることがあります。窓や扉を少し開け換気をよくしてください。

  • 男性の小用が床にたれていませんか。こまめにふいてください。

  • ウォシュレットのシャワーが強すぎるとおしりにあたり、飛沫が便座の裏にかかり床に落ちることがあります。使用時のシャワーの調整をして下さい。


トイレの便器がつまったとき

  • 便器詰まり修繕用道具(ラバーカップをホームセンター等で購入してください。)にて異物を押し流します。(この場合、便器内には必ず少量の水があること。)その後、テニスボール大にトイレットペーパーをまるめ一度流し異物除去の確認をしてください。


トイレの室内に異臭がするとき

  • トイレの便器に水が溜まっていますか?もう一度水を流して確認して下さい。
    また水を流したときに便器と床の間から水が漏れていませんか。その時は排水間と便器を接着する「ガスケット」というパッキンが剥がれて、その間から臭気が昇ってきます。

  • トイレの中の床排水トラップに水が溜まっていますか。水がなければ臭気が上がります。コップ等で目皿部より水を流して下さい。

03.gif
02.gif

小便器の水が出ないとき

  • 長い期間、小便機器を使用しない時に小便器用水栓の中にあるピストンが動かない場合があります。
    小便器用元栓を締め、一度ピストンを取り外し可動を確認の上使用してください。


小便器が詰まっているとき

  • 小便器は使用後洗浄を行わないと詰まりやすくなっています。使用後は必ず水を流して下さい。又トラップ部分が特に詰まりやすいので、定期的に(2週間に1回)トラップ内の掃除を行って下さい。


小便器の水が止まらないとき

  • 小便器内に少量の水が流れ、止まらないことがあります。小便器用水栓の中にあるピストンのパッキン部に不純物がひっかかっていることがあります。元栓をいっぱいに開けて、2〜3回流してみるか小便器用元栓を止めピストンを取り外し掃除を行って下さい。又ピストンは消耗品の為、取替えが必要な場合もあります。

04.gif

-

キッチンのメンテナンス

水まわりメンテナンス | by ダイワ
水栓よりの水もれ確認について

  • キッチンユニット内(露出配管又は点検口内配管)にて水栓接続がされていますので(壁面取付の場合は別)レバー水栓の衝撃等で接続部が緩む場合があります。定期的(3ヶ月に1回)に水もれの確認をして下さい。
    又、接続部締め付けにより直る場合もあります。



排水よりの水もれ確認について

  • 流し水槽取付部又は、シャバラホース取付、袋ナット等の緩みにより水もれが生じる場合がありますので定期的(3ヶ月に1回)に確認して下さい。



排水詰まりの場合

  • 水槽取付排水金物内掃除を常時行ってください。(防臭キャップは絶対に元に戻しておいてください。きっちりとはめ込んでいないとカタカタ音がすることがあります。)


kichen.jpg

-

衛生陶器の基礎知識

水まわりメンテナンス | by ダイワ

1.陶磁器の種類


 石器時代の人類はただ岩石を加工する事しか知りませんでしたが、中石器時代に入って焼成という処理方法が考えだされ、土器が作られる様になりました。縄文土器時代(BC7800〜3000)、弥生土器時代(BC2500)がこの頃で、当時は500〜600℃の低温度で焼成されたものでした。
 陶磁器とは、一般的に建築用のタイル、瓦、衛生陶器をはじめ、食器、鉢、壺、置物など、天然に産する岩石や粘土を粉砕し細かくすりつぶして調整した原料で成形し、乾燥させ高温で焼きあげて作ったものの総称です。陶磁器は、その材質によって土器、陶器、Т錙⊆Т錣了夕鑪爐吠類されます。
以下その特徴について簡単に説明しますが、これらははっきり線を引いて区分出来るものではなく、いずれに入るかは明確でない場合もあります。


土器

原料は酸化鉄など不純物の多い粘土を使った物が多く、焼成温度は普通1,000℃以下、多孔質で相当吸水性があり、有色無釉のものです。例えば屋根瓦、土管、赤レンガ、火鉢、コンロ、植木鉢などがあります。

陶器

陶器は土器と同様に吸水性が有りまずが、釉薬がかかっているので表面からは全く吸水されません。原料中の不純物によって着色したものを粗陶器といい、不純物が少なく白色で緻密かつ硬度の高い物を精陶器といいます。
粗陶器には、釉瓦、陶管、カメ、工芸品などが有ります。陶器の特徴は、ガラス質の釉薬がかかっていて光沢が有り、着色も可能で美的効果が有る事、表面に吸水性の無い事です。

Т

Т錣脇器と磁器の中間に位置し、焼成温度は高いが素地に色がついていて吸水性がわずかに有り、陶器と同様に粗Т錣叛桜Т錣剖菠されます。
粗Т錣肋討締まりが悪く、多少吸水性が有り、素地は有色で、釉薬がかかっている物とかかっていない物が有ります。火鉢、土鍋、外装タイル、耐酸ビンなどに使用されます。精Т錣枠羈單精製された原料を用い、粗Т錣茲蟾皺垢脳得されている為、白色で吸水性も少なく、化学用耐酸器やテラコッタなどに使用されます。

磁器

磁器は、酸化鉄などの不純物の極めて少ない原料を使用し、素地は白地で十分に炊き締まっていて、ガラス質が多く透光性を有し、硬い為に叩くと金属音がします。磁器は軟磁器と硬磁器に区分されます。
軟磁器は、比較的低い温度(1,200℃程度)で磁器化し、釉の硬度が小さいので食器としては適していません。しかし、彩飾しやすい利点がある為に工芸品に使われる場合が多く有ります。硬磁器は、素地の強度、釉の硬度ともに大きく抵抗性に富んでいる為に、食器は勿論のこと、理学用、化学工業用、電気用、建築用材料などに幅広く使用されています。

2.衛生陶器とは


 トイレ、洗面所、浴室などの衛生設備に使用される衛生器具のうち、用便、洗面、飲用などの用途に使用する器具、並びに給水、排水を受ける器具などで、水洗できる構造の陶製のものを、給排水設備用語で衛生陶器と呼んでいます。
 衛生陶器は、19世紀の中頃英国で発達し、その後19世紀末にかけて米国で完成されたものですが、日本では大正中期に生産が始められ、現在では質、量とも著しい進歩のあとが見られます。
今まで、これらの衛生器具に関する最も好ましい材質として衛生陶器のみが考えられてきましたが、近年、多くの工業的材料の開発により、ホーロー、プラスチック、ステンレススチール等、多くの材料が衛生陶器の分野で広く使われるようになってきました。しかしながら、依然として、衛生陶器はこの分野での中心的な材料です。 又、最近の一般住宅において、快適な生活を楽しむ為には、浴室、洗面所、トイレなどの衛生設備のあり方に留意することが必要不可欠な条件であるといった考え方が多く、私たちの日常生活のなかで衛生陶器の占める位置はますます大きなものとなってきました。

 衛生器具とは空気調和衛生工学会基準、HASS206の定義によれば、「水を供給するために、液体もしくは洗浄されるベき汚物を受け入れる為に、又はそれらは排出する為に設けられた水受け容器及び装置をいう」と示されています。要するに建物において給水、給湯、排水に必要な器具の総称であり、その具備すべき材質的条件は、つぎのようなものでなければならないとされている。

衛生陶器の具備すべき条件

 1.吸水性がなく、機械的 強度が充分有る事。
 2.汚れが目立ちやすく、かつ清掃に便利である事。
 3.耐蝕、耐摩耗性である事。
 4.洗浄、排水などの機能をもたせる複雑な形が作りやすい事。

3.衛生陶器の材質的特徴


 私達は何気なく「便器や洗面器は陶磁器でなければ」と考えていますが、これは何ゆえであろうか。衛生器具が生活の中でどのような役割を果たすものであるか、それにはどのような材質的条件が必要であるかを分析してみると、陶磁器ほど適した材質はないことを知らされます。

1)衛生陶器の素地の質について

 陶磁器の種類に土器、陶器、Т錙⊆Т錣了夕鑪爐あることを述べましたが、衛生陶器は大型製品をつくりやすい骨組みのしっかりした陶器の良さと、ガラス質の焼き締まりの良い磁器の良さを併せもった溶化素地です。
日本工業規格JISA5207衛生陶器にその品質が規定されていますが、これを要約すると次のとおりです。陶器の素地をもっともよく焼き締めたもので、エオシンY溶液(濃度1%)の中に1時間浸したときその浸透度は3ミリ以下、110℃以上の加熱、水中急冷においてひびわれを生じないこと、及びオートクレープ内の圧力を1MPa(10気圧)にし、1時間保持してひびわれを生じないこと、と規定されています。

2)溶化素地質の性質について

 衛生陶器に使われる溶化素地は、前記の陶磁器の一般的性質を、さらに衛生器具の必要条件を満たすよう調整されたもので、つぎに示すような優れた性質を嘩えています。
 <1>表面硬度が高く耐久力が大きいこと。
 <2>酸、アルカリに侵されないこと。
 <3>汚物が付着しにくく、清掃が容易であること。
 <4>水をほとんど吸わないこと。
 <5>複雑な構造のものを一体に制作できること。
 <6>価格が比較的安いこと。

 このように使用に便利で、かつ保守管理に容易な材料といえますが、陶磁器としての短所も持っていますので、つぎのような点に注意して施工することが必要です。

<1>完成するまでに10〜15%の収縮があり、耐圧、耐摩耗性に強いことから加工性に乏しく、寸法にバラツキがあります。施工上さしつかえないよう管理されていますが、よい施工をするには現物合わせをすることが必要です。
<2>耐伸強度が比較的小さく、弾性に乏しいことから、強い衝撃を与えると破損する恐れがあります。コンクリートの収縮やゆがみによる破損や、水が凍結する場合の膨張による破損は使用上の誤りさえなければ、完全に防止できるよう工夫されていますが、取扱いには最新の注意を必要とします。
<3>熱伝導率が小さく、耐伸強度も比較的小さいことから、部分的に強熱するとその部分のみが膨張し破損します。湯沸器から直接給湯するなど、おおむね60℃の熱湯を注ぐことは危険です。

4.衛生陶器のできるまで


toukikoutei.gif

4−1 原料の調整

陶磁器の原料は天然に産する土と石であり、これが非常に大切な要素です。ひとつの原料調整には、種々の原石(陶石、ろう石、長石、珪石など)原土を配合して最適の坏土を作らなければなりません。それぞれ特質をもった原石、原土を粉砕、混合して、成形や焼成のしやすい性質の坏土にします。
この坏土は、成形方法に依って、練り土、乾燥粉末、水分の多い流動性のある泥状の状態(泥漿という)にされます。
衛生陶器の場合は複雑な形状を要求されることから、流動性のある泥漿を用い、石膏型を使った鋳込み成形にて行われます。泥漿の調整は工業的に安定した製品をつくりだすための第一歩で、不純物の少ない原料を確保し、その受入検査や、泥漿性質の管理はロットごとに厳しく実施されます。

4−2 設計と型

zoukei.gif
単純な形状のものは、簡単な図面やデザインにより決められます。これらの形を大量につくりだす為に、木型、石膏型、ゴム型、金型などが使用されます。
衛生陶器の場合は、衛生器具として取付け施工が必要である事、優れた機能、使いやすさなどが要求される事から、施工、給水、排水機能などに関する研究はもちろん、人間工学的なデザインの追求が設計時点で行われます。こうして完成したモデルを原型といいますが、この場合、乾燥及び焼成収縮(約10〜15%)を見込み大き目につくられます。次いで、この原型を利用して元型がつくられます。この元型は使用型と同じものですが、多量の使用型を造型する必要から、ケース型の種となるものです。
この為、ケース型は高品質の石膏もしくは樹脂でつくられます。このケース型に石膏を流し込んで、実際現場で使用する使用型がつくられます。

4−3 成形と乾燥

陶磁器の成形方法は、.蹈ロ成形 押し出し成形 プレス成形 っ鮃み成形の4種に分けられます。
衛生陶器の場合は鋳込み成形を用いますが、この方法は形が複雑で大きくしかも大量につくる場合に最も適しています。石膏型に泥漿を注入すると、吸水性のある石膏が泥漿中の水分を吸収する為、石膏に接している面の水分が減少して固まり、時間と共に厚みを増してきます。一定時間後、適当な厚みになったところで固まっていない泥漿を排出して素地を石膏型から取り出します。衛生陶器は概して複雑な形状のものが多い為に、幾つかの部分に分けて鋳込み成形し、あとで接合して形を完成させる事が多いようです。また、石膏型も数個から10数個の割型を組み合わせて鋳込むことが普通で、相当の熟練と手間がかかります。石膏型から取り出した時の水分は約20%で、この水分が完全になくなるまで乾燥させますが、一定の水分に至るまで均一に体積の収縮が行われる様、室内の温度や湿度が管理され、表面のキズ、穴の形、大きさ、寸法などもゲージで厳密にチェックされます。

4−4 衛生陶器の石膏型による鋳込み成形の図解

zukai.gif

4−5 施釉

陶磁器の表面には、その用途によって釉薬が施されます。これは素地の表面を薄いガラスで覆うことによって、美感を高めるとか、吸水性を防ぎ強度を高め、さらには耐酸、耐アルカリ性を高めます。この様に素地に釉薬をかけることを施釉といいます。釉薬は普通、釉漿状態にして素地に施しますが、その施釉方法には、素地を釉漿の中にひたす「ひたしがけ法」、釉薬をフィルム状に流してその中に素地を通過させる「幕がけ法」、霧吹きの原理で付着させる「霧がけ法」などが」あります。又、絵付けを行い装飾する場合も多くあります。これは酸化金属により発色させる絵具を転写、印刷、霧吹き、絵筆などにより素地に絵付けして施釉する「下絵」、施釉したあと絵付けする「上絵」の方法がとられています。衛生陶器の場合は形が複雑で大きい為、霧がけ法による施釉をします。従来の衛生陶器はほとんどが白一色でしたが、最近では住まいのカラーコーディネーションが重視され、これに伴ってカラー化が急速に進んでいます。カラー物は釉薬に酸化金属を混合して発色させたものです。
この施釉工程では、釉薬の厚さを均一にして斑点などの原因となる鉄や銅などの不純物が混入しない様に細心の注意が払われています。

-
Line